カテゴリ:「ラーメン大好き」

[ 2006.08.17 ] 8/12~8/15 和歌山ラーメン紀行

[ 2006.03.19 ] 3/19 浜松べんがら横丁第2弾

[ 2006.03.03 ] 3/3 浜松べんがら横丁グランドオープン!!

新しい記事«

2006.08.17 20:41 | EDIT

和歌山に通うこと十数年。

和歌山ラーメンの存在は以前から知っており、毎回訪れるたびに行こう行こうと思っていたものの、 毎年毎年スケジュールが立て込んでいたりお店が休みだったりで実現せずにいた。

このたび念願かなって初めて和歌山ラーメンを食したのでご報告させていただきます。

さてさて、この和歌山ラーメンですが、市内には数え切れない...程ではないですが、相当数のお店があるようです。ただ、
普通のラーメン屋もたくさんあってどこが和歌山ラーメンのお店なのかサッパリわからないので、 コテコテの地元民、ヨネキチ君にナビをお願いした。

和歌山ラーメンといえば醤油トンコツということぐらいしか知らない。とりあえず和歌山ラーメンの老舗? 某有名店に行きたいなと思っていたのですが、ヨネキチいわく「あそこはやめといた方がええよ」とのこと。
地元では美味しくないと有名だそうで、しかも、これまで2度ほど営業停止(客の残したスープを使いまわしていたらしい) になってるので地元民には不評らしく、列に並んでるのはそんなこと知らない観光客が多いとのこと。
そんな店、うまい不味い以前の問題だ!!
一気に行く気がなくなったのでヨネキチオススメの店に行く事に...

4
まず、1軒目は「マルキ」というお店。
昔ながらのたたずまいで、港よりの路地にポツンと立つ小さなお店。
駐車場が狭いのであまり行列にはならないが、それでも店内はほぼ満員。
ヨネキチ君の小さいころから味も変わらず、地元民にも人気のお店なのだそうだ。

メニューは...中華そば500円のみ!ラーメン1本で勝負しているところにこだわりを感じてしまう僕。

席に座ると前に「なれ寿司」(サバのお寿司)とゆで卵が無雑作に置いてある。

ここ和歌山ラーメンのお店ではごくごく当たり前の風景なのだそうだ。

勝手に食べて、清算時に食べた分だけ自己申告するといった感じ。
お腹がすいていたせいもあるかもしれないがこのなれ寿司が激ウマ!
ラーメンが来るまでの間、しばしこのなれ寿司に舌鼓を打つ。

そして、やってきました、初の和歌山ラーメン!!
夢にまで見た?和歌山ラーメン!!
3
まず驚いたのが、器が小さいこと。なんだかミニチュアみたいでかわいい。
そして、肝心のラーメンはというと、ご覧のとおり見た目は非常にオーソドックスな醤油ラーメン。
??普通のラーメン??
そう思いつつスープを一口...
あっ...!違う!!...うまい!!

なんというか、トンコツはほとんど感じない。
見た目は普通のラーメンなのだが、普通のラーメンと決定的に違うのは醤油の風味。
醤油の違いなのかスープに酸味があり、これまで食べた醤油ラーメンより後味がサッパリしている。しかし、 決して薄いというわけではなく、しっかりとしたコクがあるのだ。

たかが醤油ラーメン、されど醤油ラーメン。
これほどインパクトがあると思ってなかったのでちょっと驚きつつ、あっという間に完食。
お好み度は...5段階中4くらいでしょうか...チャーシューがもう少しイケていたら5だったかも。
スープと麺だけなら間違いなく5だ!

さて、1杯食べたが、やはり量が少ないこともあってなんか食べ足らない。
というわけで、勢いで2件目にGo!!(^^)


2件目は「マルミ」 というお店
ここも人気店らしく、入り口には長蛇の列。
ヨネキチと気合いで並び、入店を果たす。
ここは少しメニューが多いみたい。

同じく中華そばを注文。
2
今度のお店はややトンコツが強め。
スープは...同じく醤油の風味(酸味)が豊かな独特のお味で美味しい。
2杯目ということもあるせいか、ヨネキチはあまりトンコツ強めは好きでないとのこと。
まあ、強いといっても、最近のコテコテトンコツ醤油に比べればずっと薄いのだが...
お好み度:5段階で3くらいかな。インパクトはマルキの方が強かった。

ここで確信する...
和歌山ラーメンの真髄は他にはないこの醤油の風味にあるのだ!、 と...



さて、明けて翌日。
もう1件のラーメン店 「マルミヤ」
を訪れる。
もう気付いた方も多いと思うが、和歌山のラーメン店には○(マル)??というお店が多い。
何でかはよく知らない。わかり次第またご報告しましょう(ネットで調べていただいたた方が早いかも...)

さてさて、ここでも注文したのは中華そば。
出てきたラーメンはまたまたオーソドックスな中華そば。

1 
今度はどんなお味かな???とスープを一口...
......普通のラーメンだった... (^_^;)

でも、ネットなどで見ると、ここも列記とした和歌山ラーメンのお店。
う?ん。昨日の醤油風味の個性は偶然だったのかな???
もちろん不味くはないのだが、インパクトが薄いかな。
超オーソドックスな昔ながらの中華そばって感じ。お好み度3かなぁ。


というわけで、今回の和歌山ラーメン紀行その1はこの3件で終了。
醤油の風味やトンコツの濃さなど、お店によって個性は色々ですが、やはり醤油が強めのラーメンが和歌山ラーメンの特徴なのでしょうか? というのが今回の結論。
ただ、まだ数ある和歌山ラーメン店の中の3件を食べただけ。
和歌山ラーメンを語るにはまだまだ食べ歩きしないといけないみたいですね。

次回はきっと1年後。また次回が楽しみです。
皆さんも是非和歌山に行った際には和歌山ラーメンご賞味してみてね!!


最後に、ナビゲーターありがとうございました、ヨネキチ君!!

2006.03.19 22:05 | EDIT

 行って来ました、べんがら横丁第2弾!

 今日は風強すぎ(アベレージ25m/s!!)でウィンドもできないため(プロ選手達はこの爆風の中フリースタイルのコンテストやってた.. .)まつばらさんとべんがら横丁へGO!

 町の中の大通りでは通行止めでなんだか「よさこい祭」みたいなヤンキーのお祭をやっていておかげで大渋滞。 村櫛から40分もかけてようやくべんがら横丁に到達。

 さてさて、べんがら横丁ですが、オープンから半月ほど経過し、 飽きっぽい遠州人のことだからきっともう人なんか誰も居ないんじゃないかと思っていたのですが、着いてみるとこれが結構な人。
conv0016
 中でも先日行った「でびっと」が大人気で長蛇の列。
 なんでかと思ったのだが、お店の窓越しにデビット伊東が一生懸命にラーメン作っている姿が見える。
 なるほどなるほど、お店も混むわけだ...さすが、店主自らラーメン作るとは、どこかのお店とはえらい違いだ!

 さてさて、今日はどのお店にはいろうか??
 とりあえずハシゴするとして、1軒目は私の提案ででびっとの次に待ち人の多かった九州ラーメン(久留米ラーメン)の「龍の家」に飛び込む。

 九州ラーメンでは地元の袋井市に比較的最近オープンした「めん虎」 というお店が美味しいと思うのだが、実はそこ以外で九州ラーメンってあんまり食べた覚えがないのだ。いや、 きっと食べてはいるのだがたぶん印象に残るほどの美味しい店がなかっただけなのだろう。
 とりあえず私の基準は「めん虎」になるのだが、全国に名を馳せる(?) 本場の味ということでどのくらい違うのか。楽しみに待つ...

 この待ち時間中にちょっと感心することが.. .
 込んでいて合席であったのだが、前に2人おねえちゃんが居て、 うち一人がトイレかなんかに行ってる間に注文のラーメンが来てしまった。しかし、そのお友達はなかなか帰ってこない... 待ってるおねえちゃんも先に食っちゃえばよいのに帰りを待ってる...3分いや5分位して戻ってきたのだが、 当然もう麺が伸びてるだろうなぁと横目で見ていたら、店員がササッと歩み寄り、 「伸びてないですか?よかったらお取替えしますよ!」と一言。
 えらいっ!!売り上げなんぞ二の次のこの対応!!
 お姉ちゃんたちは大丈夫です、と申し訳なさそうにそのラーメンを美味しそうに食べていたのだが、 そういう気遣いをしてもらえると美味しくないものも美味しくなるというもの。 なんだか久しぶりに心温まるものを見せていただいたような気がしたのだった...

conv0017  おっとっと、話がそれてしまった。
 暫くすると我々のラーメン(700円)も運ばれてきた...
 なかなかよい感じのトンコツラーメン。
 本場ということで、もうちょっとケモノの匂いがするのかと思っていたのだが、これがなかなかどうして適度なさっぱり感。「めん虎」 の方がやや野性的なお味なのに対して、カドがなく、マイルドな感じ。
 麺の固さもよく、なかなかウマい!!
 まつばらさんも気に入った様子。
 次のお店に行くことも考えず、ついつい替え玉を頼み(九州ラーメンって麺が少ないよね)完食!!



 さて、今回も勢いで次のお店を物色。
 残りは4軒。うち1軒はまつばらさんが調査し、美味しくなかったということだったので、残り3軒から選ぶことに...
 残りのラーメン屋とは富山ラーメン(そんなのあんのか?)の「いろは」 。お次が頑固そうなオヤジが看板の 「がんこラーメン」(頑固というわりに醤油、味噌、塩のほか牛乳ラーメンとか伊勢海老ラーメンとか変なラーメンがいっぱいある) 。残り一つが「玉響」というあまり特徴のなさそうなラーメン屋
 2軒目の選択はまつばらさんに委ね、富山にゆかりのあるまつばらさんは「そんなの食べたことない」という「いろは」を選択。
 
 入って間もなく、店員がものすごくヒマそうなのをみて一抹の不安を覚える。
 かなり待たされ(回転がものすごく遅い)ようやく入ったのだが、 隣のカップルの食べる様子がどうも美味しくなさそうなのにもひとつ不安を感じる...(^_^;)
 私はこの前のパターンと同じくチャーシュー黒ラーメン、 まつばらさんは白ラーメン(塩)を注文。
 さらにかなり待たされ、ハシゴの勢いがなくなってきた頃にようやく出てくる...
 conv0019

  なんじゃこれわー!!
 スープが確かに黒い(^_^;)。
 なんでも富山の醤油(魚醤)を使っているらしく、見た目ほどは濃い味ではない。
 三重県民なら知っている人も多いと思うが、伊勢に「伊勢うどん」 なる食べ物があるのだが、それを少し薄くしたような味。でもなんか違う(^_^;)。
 食べるうちにだんだんくどくなってくる。
 コクがないというか...なんだろう...やっぱ醤油の味しかしないというか...醤油の嫌な「苦味」 のような部分が食べるにつれて強調され、最後は結構きつかった。もう少しコクとか、甘みとかがあれば美味しくなるんだろうになぁ~。


 conv0018 さて、まつばらさんの頼んだ塩はというと...

 富山名物の白エビで出汁をとった魚介系と鶏がらのスープらしいが、富山に詳しいまつばらさんですら、 こんなラーメンは食べたことがないらしい。
 でも、結局、このラーメンもあまり美味しくなかった様子。
 でも前回とは違い、今回は最後まで完食できたので、結果としてはまだよかったのだろう...
 
 これで私は4軒制覇。
 あと私は3軒。
 でも、もう暫くはいらんなぁ~。
 次回いつになるかはわかりませんが、また行ったら報告します~。お楽しみに。
 

2006.03.03 22:00 | EDIT

美味しいものをもとめて第1弾は
べんがら横丁」です!
浜松あげての町おこし?として浜松駅前に本日オープン。
たまたま今日は仕事が休みだったため、美食家??のまつばら氏と2人して出かけてみました。

べんがら横丁
意味は全く解らないのですが、ラーメン屋がたくさん入った飲食モール
行ったことがないのでよくは知らないのですが、きっと横浜ラーメン博物館(だっけ?)みたいなものでしょう。

とりあえず、さっとHPを下見して行ったのですが、中に入っているラーメン店は7軒。
町おこしの割には浜松のラーメン屋さんが一つも入ってないのが笑える。(まあ、 浜松のラーメン屋だったらそのお店に食べに行けばいいんだけどね)

べんがら横丁公式HP http://www.bengara.net/

ラーメン店以外にも色んなお店が入っているものの、当然2人はそっちの方など見向きもせずにラーメンストリートにGO!

オープン初日とあって地元メディアは大騒ぎ!
いたるところでTVの生中継が行われており、客よりスタッフの方が多い。(軽ーくさりげなーく写っときました ^_^;)

さて、入っている7店はどの店もその筋じゃあ名の知れた名店?らしく2人でどこに入ろうか悩む...conv0002

とりあえず、以前にテレビで見たことのある、あのデビット伊藤のお店 「でびっと」(そのままやんけ...)に滑り込み。

まつばらさんはしょうゆラーメン、私はここのところ、トンコツ醤油に飽きてきていたので、今回は塩ラーメン700円を注文。

壁には情熱と書かれたデビット伊藤のポスターが貼られている。
 
そういや何の番組だったっけ?このラーメン屋始めたのって?「生ダラ」?
 

そんなことを話しているうちにあっという間にラーメン登場!!


conv0003  
700円の割りに量は少なめだ。まあ、この後もハシゴする気マンマンで来たのだから量はこのくらいでもいいんだけど、 普通じゃたぶん少ないと思うな~。
さて、肝心のお味はというと、正直あまり期待していなかったのだが、食べてみると、これがなかなかどうして、あっさりしていてコクがあり、 焦がしネギ?が甘いアクセントになっていてなんとも美味!
やるじゃあないか!デビット伊藤!

2人とも完食し、次のお店へGO!!

conv0001 次はどうも2人とも入ったときから気になっていたお店...「勝丸
看板にはTVチャンピオンで準優勝したと書いてある!
浅香光代をそのままおっさんにしたようなポスターの店主が、ポスターと同じ服を着て、店の前で客引きをしている... 店の中では若い衆がせっせとラーメンを作っている。
ここでまつばらさんスルドイ突っ込み!
おっちゃん!客引きしとらんとラーメン作らんかい!!

一抹の不安を覚えながらも、 とりあえずTVチャンピオンがどの程度のものなのか確かめるべく入店。

注文の品はまつばらさんは塩ラーメン、私はこれでもかの特製チャーシューメン1000円。店の前の写真はチャーシューで溢れかえっている。

まつばらさん:よく2杯目にそんなコッテリしたの食べられるなぁ。
KeiBo:気合です。 ここまできたらいっとかなあかんでしょ(←意味不明)

そして出てきたラーメンがこれ。
conv0004
あれれ???
注文ミス???
あの溢れんばかりのチャーシューはどこ??
あれれ??
キツネにつままれた気持ちになりながらも、まあいいかと諦めて食べ始める。

お味のほうは...........................??

KeiBo:...なんかあんまり美味しくないね。
まつばらさん:...うん...

なんと言えばいいのだろう...スープがなにやらエビカニくさい(^_^;)かな?
チャーシューも硬くて「でびっと」の方が数倍上。
好きな人にはいいのだろうが、正直なところ2杯目以降にはキツイ。
私のは醤油ベースだったのでちょっとは醤油にかき消されておりまだよかったが、まつばらさんのは塩ラーメンなので、 その味がドカーンと鼻をつき、結構きつかった。

メニューとは全く違う見た目、そしてあの風味...
TVチャンピオンもこの程度か...

ここでノックアウトされ、本日は退散。

まあ、日ごろ食べられない珍しいお味のラーメンが食べられるという意味ではすごく貴重な場所だと思います。
残りはあと5軒!なくならないうちにまたいってみます。

プロフィール

管理人:KeiBo
静岡県西部を拠点に釣り(ジギングとか)やロードバイクでプラプラと気ままに遊んでます。
ゆっくり見てってくださいね!

最近のコメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブログ全記事表示

まいどおおきに!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2750位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
321位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

フリーエリア