2013.05.21 22:13 | EDIT

conv20130520000000007 
7850-C24デュラホイールが届いた翌日の日曜日。
早速試走してみました!

スペアのタイヤがないのと膝痛がますます増してきてることもあって、行き先は近くのアクティー森まで軽めに。

「パンクしたら迎えに来てねぇ~」とヨメに言い放ち出撃。(爆)


ワクワクしながらチャリに跨りいざスタート!!

さああ~~どうかなぁ~~~!!

と、家の前の緩い坂を下り始めて数メートル。



...で、いきなり異変!



走り始めると、後輪から


「カン!カン!カン!カン!」


と車輪の回転に合わせて結構大きな異音が...


え?????(・・;)


すぐさま止めてホイールのチェックしますが、何処にも異常なし。
でも再び走り始めるとまた同じ音が...

乗らずに回転させると異音無し。
どうやら体重が掛かった状態のときだけ鳴るみたい。

乗ったり降りたりを繰り返して音の出所を探すと、どうやらリム付近から音が出ている感じ...


.........




...あっ!!もしや!



急いでチェックしたのは...

conv20130520000000009 
そう、バルブ。(後撮りですみません。)
ご存知、空気を入れるバルブなんですが、ご覧のように少し斜めになった状態でタイヤが接着されてます。

自転車をよく知らな~い、という方の為に簡単に説明しますと、実はチャリのホイールにも色んなタイプのがあるんですが、これはチューブラータイヤというチューブを包み込んだ筒状のタイヤを専用のリャンメンテープもしくはボンドでリムに貼り付けるタイプのホイールなのです。その他、クリンチャー(WOともいう。ママチャリなんかもこれが多い。)、チューブレスとかもありんす。

話が逸れましたが、この写真をみると、バルブが右側に寄ってリムに当たっているのがわかると思います。

で、このバルブを指で弾いてみると...



カン!!!



やっぱこれだ!


conv20130520000000008 
異音の原因がコレであることを祈りつつ、試しに紙切れを丸めて突っ込んでみる。(笑)

すると...


あっさり異音解消!!あ~良かった~~~! (´○`) ホッ

どうやら体重でタイヤがしなるたびにバルブが弾かれる形でリムに当たって音出してたようです。

原因がわかるまでホントちびりそうでしたわ。(笑)


家に戻るのが面倒なんで、とりあえずこの状態で試走に出かけます。
さてさて、前置きが長くなりましたがここからが本番。


(↓以下KeiBo的なんちゃってインプレ。)

まず、登り坂では...
シッティングでもダンシングでも踏めばスッと前に出る感じ。
レーシングZEROより踏んだ時の反応が良いと言えばいいのか...
ただ、だからといって羽が生えたように劇的に登りが速くなったわけではありません。(あたりまえか。笑)

しかし、その後の下りは凄かった!!
これまでZEROでやや膨らみがちだった高速コーナーも、スピード落とさずイン側をベターっとトレースできちゃって、下り命のおいらは大感激。(T_T)
ブレーキも思いのほかしっかり効いて不安無しでした。

平坦路は追い風で踏めば結構いい感じでスピード伸びましたが、ただ、ZEROと比べると少し回転が重い気が...
これはクリンチャーとチューブラーの差とか空気圧とか、あとグリースが固めの物が入ってるっぽいんで、それも少し重く感じる要因かもしれません。まあ、そこらへんはこれから色々試すとしましょうか。

乗り心地は同じ空気圧(前8.5、後ろ9.0くらい)ではチューブラーの方がやはり良い感じ。

ちなみにインプレとは直接関係ないけど、サイコンのタイヤ周長は2090mmで入力(タイヤはVITTORIA CORSA ELITE 21-28)しましたが、後でルートラボで測った距離と誤差はほとんど無しでした。

ざっとこんな感じです。ありきたりなインプレで申し訳ない。(^_^;)
こう書くと、クライマーでも何でもないおいらにはあんまりメリットがないようにも感じなくもないですが、まあ軽くなったのは良い事かなと。(笑)

conv20130520000000010 
アクティー森到着後しばし愛車を眺めつつ遅めの朝飯。
ああいつもより朝飯がウマい。これもNEWアイテム効果。(笑)

このあと太田川ダム登ってみようかなと思いましたが、ここまでのアップダウンで膝がシクシク痛み始めたのでやめてゆっくり帰宅しました。

帰ってきてからはバルブの音鳴り対策。
conv20130520000000012 
直接バルブとリムが干渉しないようビニールテープを折り畳んで隙間に詰めて...
conv20130520000000013
クルッと一周テープで留めて完了。
まあ、先ほどの紙切れがビニールテープに替わっただけですが(笑)、とりあえずこれで音は鳴らんでしょう。
熱収縮チューブ使えばもっとスマートにできそうですが、手持ちのが細いのしかなかったのでそれはまた新しいタイヤ導入の際にでも。

以上、KeiBo的なんちゃってホイールインプレでした。
なんか中途半端ではあったので、もう少し膝が良くなったらしっかり乗り込んでみることにします。

おまけ
conv20130520000000011
MOTAのミルクプリン。これもいつにも増して激ウマでした♪(笑)

(おしまい)

5/19の走行距離:49km

2013年の走行距離:1382km
RIDLEYでの積算距離:8328km
BMCでの積算距離:19215km

コメント

NEWホイールいいっすね~ww

ディープホイールのバルブの音鳴き私も苦労しました。
当社に良いモノがありますよ(笑)

日曜日レースなのに、ここへ来てバイクのポジション調整している私って・・・・。

BSY | 2013.05.21(Tue) 22:50:03 | URL | EDIT

>BSYさん

自転車調整は大いにやりましょう。
色々試すのって楽しいですしね。
レース頑張ってきてくださ~い。

KeiBo | 2013.05.23(Thu) 12:46:58 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

管理人:KeiBo
静岡県西部を拠点に釣り(ジギングとか)やロードバイクでプラプラと気ままに遊んでます。
ゆっくり見てってくださいね!

最近のコメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブログ全記事表示

まいどおおきに!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2979位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
320位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム