2006.07.27 00:01 | EDIT

今日は私、皆様にカミングアウトしたいことがございまして...

ま、一部の方はご存知かと思いますが、

わたくし、いよいよ痔主になりました(T_T)。


始まりは約2週間前、そう!前回の日記にさかのぼります。

あの日は異常な暑さでした...
朝練もハード、ウィンドもハード、そこまではよかったんだと思うのですが、その後がよくなかったみたい。
終わった後に車でクーラーガンガンにして眠り、帰った後のクーラーガンガンにして朝まで眠ったのですが、 この温度差で体がびっくりしてしまったのか、翌朝からお尻が変...

なんだか少しお菊の周りが痛むのです...
あれれ?
これまで何度か同じ症状があり、しばらくしたらよくなってたのですが、今回はいつもと違い、ドンドン痛くなるのです。

ん~??


翌日村櫛で痔の先輩である某ローカルさん(ご本人の名誉のため名前は伏せさせていただきます ^_^;) に話したところ「そりゃ痔だ!」と一喝。
某ローカルさんは、放っておいて悪化し、結局手術したのだそうだ。

「そんなはずはない!何かの間違いだ!」

その後も自分にそう言い聞かせ、頑なにガマンしていたのですが、 あまりにも痛くとうとう根負けした僕は痔薬を求めて薬局に走ったのでした。

店内に入り痔コーナーへ一直線。
たかが痔薬、されど痔薬。
なんとも、いろんな薬があること...
同じ銘柄でもいろんな種類があってどれがなんだかサッパリわからん。

それにしても、いざ売り場に行ってみるとやっぱ恥ずかしい。
ゆっくり選びたかったのですが、近くになんだかオネエチャンが好みそうなサプリメントかなんかのコーナーがあり(もうちょっと配置を考えてくれ!) 入れ替わり立ち代りオネエチャンの気配がなくならないので、小心者の僕は長居できず(^_^;)、とりあえず1番安い某薬(軟膏) をひったくるようにつかみDASH!
さらにレジ横のガムでカモフラージュしながら(^_^;)(これまたレジがオネエチャンばっか)なんとか第1関門を乗り切ったのでした。


その後の1週間...
買ってきた薬を塗りつつ自転車にも乗ってた(←ここらへんがアホ)のですが、ぜーんぜん良くならない。

もしかすると、もう手遅れなのか??
いや、某ローカルさんの話を聞いたが、僕のは今のところそこまでひどくはないはずだ...
いまなら受診すれば治るかも。


その後、悩みに悩んだ挙句、本日、浜松でも有名な某肛門科病院の門を叩いたのでした...

ものすごく恥ずかしかった。
なんで事務がかわゆい女の子ばっかりやねん!
おばちゃんでええねんそんなもん!
デリカシーのない病院じゃ、まったく。

看護婦さんの前でものすごく恥ずかしいポーズをしてお尻の中をこねくり回され、出た診断名は...

「血栓性外痔核」

平たく言えば、要するに痔だ(^_^;)。
なんだか、血マメみたいなのができてるらしい。

「2週間前にすぐ来てくれてればもっと楽に治ったのにね~」とドクター。

ただ、状態的にはそんなに深刻ではないとの事で、注入軟膏を処方される。

ついでに先生に

「自転車はダメです、よね?」

と聞いてみる。
すると先生、満面の笑みで...

「あのね。よく考えましょう。ドアに挟んで血マメが指にできたとしましょう... そこを毎日ドアではさんでたらどうなります?」
「......」

先生はそれ以上は語らなかった...


というわけで、しばらくは自転車お預けになりそうです。
しかたないので、軽い筋トレでもして体重を増やさんように頑張ります...

みなさんも痔と思ったら早めに肛門科を受診することをオススメします。


以上、カミングアウトのコーナーでした(^_^;)。

コメント

では、釣り行きますか!

masuo | 2006.07.27(Thu) 14:36:33 | URL | EDIT

ついに行って来ましたか。
結構診察は恥ずかしいもんだったでしょう。
自分の場合は診察前に看護婦二人の漫才トークがあったんですよ。
菊の御門を出したら始まったんです。
看護婦A「綺麗なご門ですね」
看護婦B「どこが」
看護婦A「赤ちゃんみたいに可愛いじゃないですか」
て、言われてもどこからそんな発想が出たのか知らないけど目茶恥ずかしかったです。
人前でそれも20台の女の人の前で御門を出すなんてね。

でも、恥ずかしさも一時ですよ。
治ってしまえばこっちのもんです。
旅の恥は掻き捨てと言うではあ~りませんか。
でもしっかり比較的軽いうちにしっかり治。しときましょ。
頑張って。(^o^)///~

某ローカル | 2006.07.27(Thu) 17:48:37 | URL | EDIT

どうもです。
早速のコメントありがとうございます。

>MASUOさん
明日からつりに行って来ます。
エギングにえさつりにロックフィッシュ...
何釣りしようか迷ってます。

>某ローカルさん
「どこが」って言う看護婦も看護婦ですね(笑)
昨日から注入軟膏やってますが、効いてる様な気がします。
昨日より痛みが少なくなったし...
この調子だと早く復帰出来そうな予感です。(油断は禁物)

KeiBo | 2006.07.27(Thu) 21:43:08 | URL | EDIT

ぎゃははっ!v-411
あっ、ごめんなさい、、、
だってKeiBoさんの姿が目に浮かんでしまい、、、
あっ、診察時の姿ではないですよ。
薬局での姿です。
まるでエロビデオを借りる状況のようですね。
私は一応女性なので、あくまでも推測の話です(笑)
だけどサプリメントの横に置いちゃいけませんね~(爆)
だめだ、やっぱ笑える!
きっと薬局の方もナースも、なんてことないと思うのですが、それでも患者様にしてみたら死活問題ですよね。
私のブログに病気のことが書いてあったので、カテゴリーの「体のこと」を開いてみたのですが・・・
どうやらここではなさそうですね。
もうちょっと他を探してみます。

余談ですが、患者さんも恥ずかしいと思いますが、ナースも恥ずかしいんですよ。
特に若い頃は・・・(遠)
剃毛って知ってますか?
わかってくれると嬉しいです。
なんともない顔して処理してますが、実は恥ずかしくて火が出そうなんですよ。
でもそんな素振りをしたら患者さん気の毒ですね。
若いときは、同じ歳ぐらいの男性の剃毛はしなくてもよかった時がありました。
それも院内の配慮だったりします(笑)
くだらない話をしてしまいましたね。
それでは~

pikku Myy | 2007.03.14(Wed) 13:08:35 | URL | EDIT

ヂヌシには冷たい世の中ですよ、まったく。
この時書きませんでしたが、某肛門科受診の時も、ナースが予診取るのですが、それがなんとぎゅうぎゅう詰め満員の待合室...(^_^;)
しかも「今日はどうされましたー?」ってどでかい声で。
当然周りにいる数十名の目、いや、耳はこちらに釘付け...
このとき思いました...
ヂヌシには人権は無いんだ...って。
びっくりですわ、ホンマに。

びょーきのことはあるところ(このページからもリンクでいけるので探してみてね)に書いてありますが、なんだかんだで途中で中断しています。申し訳ないです。

KeiBo | 2007.03.14(Wed) 19:16:35 | URL | EDIT

こんにちは!
発見しました!
これからコツコツと読ませていただきます!

医療福祉系とは奇遇ですね!
毎日忙しいのでは?
私はもう引退して隠居生活です(笑)
長いことできなかったマニキュアってのをやってみたりしてます(笑)
KeiBoさんのブログは楽しいですね!
そして内容も濃さそうです!
さて・・・
これから途中で中断してるサイトのほうにお邪魔させていただきますね~
それでは!

>ヂヌシには冷たい世の中ですよ、まったく。
「人間は相手の立場にたって物事を考えなければいけない」ということですね。
デリカシーのないナースもDrも最低です!

あぁ、また長くはなりますが、こんなことがありました。
大学病院を退職してから、2年間ほど個人病院でアルバイトをしたことがあります。
ある時、公園のジャングルジムから落ちてしまったというお子さんが受診にきました。
お母さんと一緒にです。
こちらではCTがとれないので、別の病院を紹介することになりました。
お母さんの希望で、どうしてもここの医院がいいとのこと。
頭のほうのキズは出血も少なく縫合の必要性もないものでした。
それではCTを撮ったらもう一度受診してください。とのことで、消毒、絆創膏の処置。

その後、CT画像を持って来院されました。
結果はFAXが届いていたので安心していました。
時間は18時を過ぎ受診ラッシュ!
予約もあり縫合もありのテンテコマイ。
こんな小さな個人病院では、処置室も診察室も同じなんです。
患者さんの話、処置、カルテの確認、リハへの申し送り、全て一人で対応しなければなりません。
縫合の患者さんの処置をしている時に、そのお母さんが診察室に入ってきました。
なんでうちの子が後回しなの?
よくあることですね。
受付のほうでも再三説明したようです。
こちらは処置の真っ最中。
Drは煩そうな顔をするだけです。
私はこんなことを言ってました。

お子さんは大丈夫ですから

大丈夫って???
お前の判断じゃん!
勿論、命ということに関しては大丈夫だったかもしれません。
だけど、そのお母さんにしてみたら、自分の子が世界一かわいくて、心配で心配でしょうがなかったのでしょう・・・
そんなことにも気付けない自分がいたんです。
恥ずかしいです。

言葉は悪いですが、生かすことが先決で、生かしてからは別の手に渡ってしまうんです。
患者さんが退院するとき、私達の存在を覚えてくれている方は少ないですね。
ナースセンターの前で挨拶を交わしているのなんか見ると、とても羨ましく思ったことがあります。
そんな中で、いつも最優先のことしかみつけて仕事してこなかったんでしょうね。
最低ですね。

ごめんなさい。
なが~くなってしまいました。
今は反省と、時間をゆっくり使うことのリハビリをしているんです(笑)

pikku Myy | 2007.03.15(Thu) 15:18:48 | URL | EDIT

外来でのてんてこ舞いの姿が目に浮かびますよ(笑)

ボクは9年ほど働いた病院を辞めて今は施設でお年寄りの介護相談(で、だいたいわかってもらえます?)を主にやっています。

いつも、仕事をしてて自分の価値観を押し付けないようには気をつけていますが、なかなか難しい時もあります。(特に病院勤めの時はそうだったかも...)
いつも反省ばかりです。

個人の外科とか整形とかは大変なんでしょうねー。
業務の関係で個人病院と連絡を取ったりすることがありますが、すごく忙しそうですもん。
のんびり屋のボクには向かない仕事かもしれません(^_^;)。

闘病記、1話だけ更新してみましたが、もう5年近く前の話、記憶が定かでなくなってきています(^_^;)。
少しずつ思い出しながら更新していきますので、長ーい目で見てあげてくださいね。

KeiBo | 2007.03.15(Thu) 19:46:45 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

管理人:KeiBo
静岡県西部を拠点に釣り(ジギングとか)やロードバイクでプラプラと気ままに遊んでます。
ゆっくり見てってくださいね!

最近のコメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブログ全記事表示

まいどおおきに!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
346位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム