2007.08.21 22:40 | EDIT

今年の夏休みは何しよう...



去年はお尻の関係で(笑)いろいろやりたい事ができなかったが、その分今年は楽しまなきゃ!!
と、とりあえず、静岡にいてもダラダラ過ごしてしまいそうなので今年は実家の三重に帰郷して楽しむ事に...


ま、帰郷といってもたった3日間。
行くだけでも4時間近く掛かるため、実際遊べるのは真ん中の1日間だけ。


この1日間に何をやるかが夏休みの充実度を左右しそうです。


よし!まずは自転車だ!!


とくれば...


= ヒルクライムだ~!!


実はウチの実家。

三重の尾鷲という片田舎なのですが、なんと!!!

東は海、あとは山(笑)という、 なんともとんでもないところでして、どこに行くにも結構な峠を越えなければならないほどの僻地なのです。

ま、ヒルクライマーにとっては涎モノの環境なのでしょうが、超平坦男のボクにとっては罰ゲーム以外の何者でもなかったりして...



今回、3つの峠のうちどの峠にするか悩みましたが、


どーせ行くなら一番キツイ峠だ!!!


とたぶん一番きついであろう、西の八幡峠に決定!

conv0076
というわけで、19日早朝、まだ少し涼しいうちに自宅を出発~。

 
今日の走行予定は片道20km足らずの短距離、でも、高低差は約600mの結構な登り...
 
はっきり言って

途中でギブアップする確率かなり大です(笑)


ま、いいや、いけるところまで行こう。




自宅を出て500mしないうちにいきなり強烈な登りが始まります。


あいたたた。(+_+)


ウォームアップなど全く出来ていないところにいきなりの激坂(自分的にですよ、あくまで...)、体が悲鳴をあげてます...
conv0001
うわぁ~。まじで~?こんなにきつかったっけ、この坂...


そのむかーし、ワタクシがまだピチピチだった10代の頃にこの峠をよく自転車で走った記憶がありますが、


もっと楽だったような気が...



トシを取ったってことですね...単純に。



いきなり心臓がはじけてどっかに飛んでいきそうです。


ゼーゼー、ハァハァ、オェ~(@o@;)←吐き気


心臓と一緒に朝飯の玉子ご飯が出そうです。


 
開始3キロあまりで一気に200mほど駆け上がる登りです。

実は今回のコースでの一番の勾配だったみたいです。

上りきった後、絶対お化けがでそうなトンネルを抜け...(しかも車1台分くらいの狭さです)
conv0002


あっという間にクチスボダムに到達。
conv0005
もうここで十分に登った気分でしたが、何とかまだいけそうだったので、当初の目的であった八幡峠を目指します。


conv0006
クチスボダムに注ぐ又口川は昔より汚くなったとはいえ、田舎を出て生活する身から見ればまだまだ清流です。すごーくキレイ。いつまでもこのままでいて欲しいものです。



クチスボダムから5kmほどは軽い登り基調。軽いアップダウンを繰り返しながら登っていきます。ここら辺は足休めにグーです。


ソレはそうと、先日変えたばかりのステムですが、調子良いみたい。だいぶ上半身が楽に走れるようになった気がします。やっぱ変えてみるもんですね。よかったよかった。



さて、しばらく走っていると...



道端に赤黒く光るお宝発見!!

conv0007 
しばらく一緒にツーリング。

人っ子一人いない、車も通らない山道に心強い仲間です。

その後、5kmほどでカブト君ともお別れし、再び気合を入れて上ります。
conv0008
ここらへんから勾配がきつくなり、足がパンパンに...


ふとサイコンを見ると...

時速6km...

歩いた方が速そうです(爆)



坂はキッツくしんどいですが、途中には道端の川原にこんな吊り橋もあって癒されたりします。

いいところですなぁ。
 conv0009
こんなんも見つけました。↓ シカ出ないかなぁ~。
conv0013

シカで思い出しましたが、昔、八幡峠の先のダムに釣りに自転車で来たときに、小鹿を発見し、みんなで追い回した挙句、小鹿が足を滑らせダムの崖から転がり落ちてあの世に行ってしまったという、悲しい出来事がありました...


シカさん、スンマセンでした...


そんなことを思い出しながら、もうだいぶ登ったかな~と思い、ふと前の山を見上げると...



とんでもないものを見てしまいました...

conv0011
一見なんでもない山なんですが...真ん中あたりをよーく目を凝らしてみてみると...

conv0010

み、道です...


マッ、マジかっ、マジなのか~!殺す気かー!!


もっと近くに行くと、

conv0012 
うおー!シカさ~ん僕が悪かったです~。ごめんなさーい。

これもシカが僕に与えた試練、となんとか気合いで登り切り... 

conv0014
ふと顔を上げるとそこには...
conv0015 
キャーーーー、どんだけ~。

しかたない、ここまで来て後には引けん!!
気合いだ~!!!

そしてそして、苦節1時間30分、17km、高低差600mほどの峠をなんとか制覇です~!!!!

やったどー!!
conv0016
超感動です!!

ココに来るのは高校生の頃以来。
でも感動度は高校生の時の数倍です。

どうだー!おっさんでも来れたぞー!!

誰に言うわけでもなくつぶやいてみました。



いやぁ~それにしても涼しくて気持ちがよいです。

しかも絶景です。サイコー!!

conv0017


下界を見下ろすとそこには今登ってきた道路が見えます。
conv0018


なんだかせっかく登ったのに降りるのがすごくもったいない気がします...



新鮮な空気を存分に楽しんだ後は...

さあ!!もったいぶらずにダウンヒルです!!!


とはいえ、ほぼ全てのコーナーがブラインドコーナー。


車などほとんど来ない道なのですが、万が一のためちょっとスピードを殺して下って行きます。

conv0019
気持ちいい~!!

でも、ところどころ砂利があったりして怖ぇ~。


一気に下るのもなんだかもったいないので、ちょっと川原に寄り道し、水遊びしてみたりして...
conv0020 
行きにあれだけ時間掛かったのに帰りはたった30分ほど(笑)
あっという間にスタート地点の尾鷲市内に到着し、帰郷第1弾、2007尾鷲ヒルクライムは幕を閉じたのでした。


走ってみて、確かにきつい登り坂でしたが、おっさんでも登れない事はないということが証明できただけでも収穫だったでしょう。

今回は八幡峠で折り返しましたが、次回は池原ダム周りの1週ツーリングと行きたいところですね。



さてさて、帰って時計を見ると、まだお昼。

まだまだ遊び足らんぞ!!

自転車の次は...


明日に続きます...(笑)


本日の走行距離:37.5km
平均速度:17.5km/h
最高速度:52.6km/h


(おしまい)

コメント

ちなみに今回のルートですが↓で見る事ができます。

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=27c95b43c2ab98e085d34077989aad07

「写真と標高グラフを表示」というとこをポチッと押せば標高が一目瞭然です。

KeiBo | 2007.08.21(Tue) 22:45:27 | URL | EDIT

きゃーーー!
KeiBoさん!なんだかいっぱい!
すごく面白そうーーー
客人いてゆっくり見れない、、、
明日また来るーーー
ほんじゃっ!

Myy | 2007.08.24(Fri) 22:19:19 | URL | EDIT

KeiBoさんのご実家素敵なとこなんですね。
川の水の綺麗なこと!!!
なんちゅう色してんだぁーーー☆
冷たそうだし。
これ登りきってバンビちゃんも成仏してくれたんじゃない?
最高の眺めだし、空気がとても美味しそう!
山もいいもんだよね。

Myy | 2007.08.25(Sat) 15:25:52 | URL | EDIT

Myyさんこんばんは

海は結構汚くなりましたが、川はまだまだきれいでした。
田舎っていいもんですね。
たまに帰るからそう思うのかもしれませんが...

実家近辺は見晴らしのいいヒルクライムコースが豊富なので、また折を見て紹介します。

ま、年行事なんですけどね...(^_^;)

KeiBo | 2007.08.25(Sat) 21:05:19 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

管理人:KeiBo
静岡県西部を拠点に釣り(ジギングとか)やロードバイクでプラプラと気ままに遊んでます。
ゆっくり見てってくださいね!

最近のコメント

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブログ全記事表示

まいどおおきに!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
311位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム